マタニティの服をファッションレンタルで借りるのはお得なのか?調べてみました。

マタニティの服を選ぶポイント

マタニティの洋服とは、妊娠中に着る洋服のことです。妊娠中はお腹が大きくなり、普段着ている洋服がだんだん着ることができなくなってきます。

特に普段からぴったりしたサイズのものを気に入ってきている人は、普段着ているサイズの洋服は早い段階で着ることができなくなります。

また反対に体重が増えることがあまりしないで、体型が変わりにくい人もいます。

しかしながら、出産する時期に近づくくにつれお腹は大きくなる一方です。お腹を守り、暖める意味もありますので、お腹をすっぽり覆うようなサイズ感の洋服は必須となります。

太り気味の人は早々と普段の服を着ることができなくなったり、サイズはどんどん変わっていきます。

サイズはなるべく大きめを選んで、妊娠中はずっと着ることができるサイズのものを選ぶと、急な体型の変化にも対応することができます。着ることができないサイズを選ばないことが大切です。

妊娠中に着ることになるマタニティの洋服は、伸縮性があり、良く伸びるタイプの洋服が大切です。

締め付け感がなく、ゆったりとして過ごすことができることから、普段からリラックスして日常生活を送ることができます。

体形の変化にも伸びる生地でしたら対応できますので、心配はありません。

締め付けタイプの洋服を選ぶと、苦しくなってしまったり、つわりなどが悪化することがあります。

また、普段着慣れないような記事のものを選ぶと肌荒れすることがあります。妊娠中はホルモンバランスが乱れ、肌が肌荒れしやすい環境です。

直接肌に触れることになる洋服の生地は、妊婦さんの肌に負担をかけないような伸縮性と、柔らかさを持つことで、妊婦さんの肌を守り今肌荒れしている人も、それ以上の悪化を防ぎます。

お腹を守るだけでなく、デリケートなお肌を守ることも大切です。

妊娠中のマタニティの洋服はどうしても機能性に目が行ってしまいますが、デザインもとても大切です。

妊娠中だからおしゃれしてはいけないわけでなく、妊娠中から出産後まできることができるような洋服もたくさんあります。

授乳口が分かりにくくなっているタイプのトップス、体型がわかりずらくなる様なワンピース、セットアップなど工夫をすることで、おしゃれを楽しむことができます。

普段からおしゃれに気をかけている人は、妊娠して体型が変わることでおしゃれが楽しむことができなくなることに対して、ストレスを抱える人もいます。

とてもマタニティだとはわからないような洋服や、普段自分が着ているブランドもマタニティの洋服を扱っていることがあります。

ストレスを抱えるのもよくありませんので、自分の興味のあるブランドを調べたり、妊娠中もおしゃれに気をかけることで、楽しい妊婦ライフを送ることができます。

実際にマタニティの服を借りた体験談

もともとファッションレンタルサービス自体を利用したことがなかったのですが、先輩ママさんに勧められたので利用してみることにしました。

最初に驚いたのは種類が豊富なところです。最近のマタニティ服は可愛いのは知ってたんですが、レンタルでも結構な数のデザインから選べたので、楽しく選べました。

サイズも選べるので自分の体型に合ったものを選べました。わたしはつわりが結構つらい方だったので外にも出れない日が続いてたんですが、自宅でネットからレンタルの手続きができたのもすごく助かりました。

出産したら不要になったのですぐに返したんですが、その時のクリーニングに出す必要がなくてすごく便利でした。

子供をかかえてクリーニング屋さんに行くのも一苦労なので、これはありがたかったですね。二人目の予定も今のところないのでレンタルしてほんとに良かったです。

良かった点
  • ネットで借りられる
  • 種類が豊富
  • 返却の際にクリーニングがいらない
悪かった点
  • 自分の物になるわけではない
  • 試着ができない
  • 人が着てるかもしれない

利用してどうだったのか?

体調が悪くても利用できるのが便利です。種類が多くて選べるし、不要になった際にはクリーニングせずに返せて楽です。

それに、捨てるわけではないので、またどこかで必要としている妊婦さんのもとで利用されるのでエコにもなります。

マタニティの服を借りるメリット、デメリット

メリット

妊娠期間はわずかに10ヵ月、その中でも大きなお腹が目立つようになり、マタニティウエアが必要になってくる期間は3ヶ月前後しかありません。

その期間もオシャレに気を抜きたくないと考えている女性は多いでしょう。

ですが、たった数ヶ月過ごすための洋服よりもこれからの新生活のため、ベビー用品を買い揃えるといったことに優先してお金を使いたいと考えるかたも少なくありません。

そこで便利なのが、ファッションレンタルの活用です。購入をすれば身につける機会がなくなった後のことを考えなければならないマタニティウエアですが、レンタル用品であれば返却するのみで気軽に割り切って活用できます。

普段着だけではなく、特別な日に利用できるマタニティフォーマルを取り扱っているサービスもありますので、限定的な期間のファッションを妥協することなく、オシャレを楽しみながら、なおかつ無駄な出費を控えることが可能です。

デメリット

妊娠中はどういったトラブルが起こるかわかりません。破水をしてしまったり予期せぬ出血などにより、通常時よりもレンタルしたアイテムを汚してしまう可能性が高くなります。

洗濯やクリーニングで落ちる程度のちょっとした汚れであれば問題ありませんが、元通りに修復できなくなってしまった場合には買い取りをしたり、弁償金の支払いをしなければなりません。こうしたリスクを考えた上で、気を遣いながら着用していく必要があります。

また、可愛いアイテムが取り揃えられているマタニティ向けのファッションレンタルですが、届いたアイテムとお腹周りのサイズが合っていないといった失敗も少なくありません。

ゆとりのあるものであれば問題ありませんが、デザイン性に優れているものであってもキツいと感じたものは着用を控え、交換を申請するように気をつけなければなりません。