wargoで着物ををレンタル!体験した感想や使い方をレビュー!

wargoを実際に利用した体験談

肝のレンタルのwargoを利用したところ、低価格の男性向けプランがあったので非常に便利でした。

ファッションレンタルで男性向け着物がレンタルできるのは貴重なので助かりました。取り扱っているのは宅配レンタルサービスだけではなく、wargoでは事前に予約を入れておくことで観光先にある店舗で着物をレンタルすることができます。

観光地で着物に着替えてそのまま観光が楽しめるようになっています。

着付けのサポートもしてくれたので、着物に関する知識が特になく自分で着付けをすることができなくても安心して利用できました。

下着やかんざしもレンタルのものが用意されています。女性の場合は有料でヘアアレンジをしてもらうことも可能です。

店内に用意されているスタジオで記念撮影をすることもでき、旅の思い出に残しておくことができました。

良かった点

予約をしておけば観光地の近くにある店舗で着物を受け取ることができ、店舗内で着付けをしてもらったらそのまま自由に観光を行うことができます。旅行先で着物で出歩いたことはなかったので、とても楽しい体験でした。
通常は着物をレンタルした当日に返却する仕組みになっていますが、オプション料を支払うことによって次の日の午後3時までレンタル期間を延長することができます。着物を着ての観光を思う存分楽しむことができました。
かんざしを使った簡単なセットなら無料でしてもらえるだけでなく、編み込みなどの見た目にこだわったセットも有料サービスですがしてもらえます。着物に合った華やかな髪形にできるのでとても見た目が良くなります。

悪かった点

店舗が混み合っている時間帯だったせいか、着付けの順番が回ってくるまでにしばらく待たされてしまいました。レンタルの手続きをして着付けが終わるまでは1時間程度ですが、ある程度は待ち時間が発生すると考えた方がいいです。
着終わった着物をホテルのフロントに返却することはできません。必ずレンタルした店舗まで返却しに行く必要があります。観光で歩き回った後に店舗に戻るのが面倒なので、ホテル返却にも対応してくれればさらに便利だと思いました。
レンタルプランの種類が非常に多く、カップルプランだけでも何種類も用意されているので自分に合ったプランを探すのが大変でした。もう少しプラン内容を分かりやすくして選択しやすいようにしてほしいと思いました。

まとめ

wargoを利用したことで観光地のすぐ近くでレンタルした着物を受け取ることができ、着物を着たままでの観光を楽しむことができました。

とても良い思い出ができました。かんざしを使ってレンタルした着物に似合う髪型のセットもしてもらえるので、華やかな格好をして気持ちよく観光地を楽しむことができます。

もっと着物のままで過ごしたいと思ったらオプション料金を支払うことでレンタル期間の延長にも対応してくれるので、思う存分着物での観光地巡りを楽しむことができました。

観光地や式典などに着物を着ていきたい方におすすめします。

wargoを上手に使いこなすポイント

お店レンタルを活用

ファッションレンタルといえば宅配レンタルですが、着物レンタルをしているwargoは“お店レンタル”を利用するのがオススメです(宅配レンタルもしています)。

京都、奈良、鎌倉、浅草など着物での観光が似合う観光スポットを中心に全国各地に10店舗以上出店しています。

お店レンタルをすれば着物のプロに着物の着付けをしてもらったり、ヘアセットをしてもらう事ができるので着物初心者でもバッチりと着物ファッションを楽しむ事ができます。

しかも、何も用意せずに手ぶらで来店しても完璧な着物ファッションができるので、気楽に利用できます。

スタンダードプランを利用すべし

wargoは様々なレンタルプランが用意されていますが、とにかく着物ファッションで観光したいなどの場合は「スタンダードプラン」の利用がオススメです。

スタンダードプランはwargoの一番人気なプランとなっており、業界最安レベルの2,900円(税抜)という激安価格で着物レンタルができます。

しかも、このスタンダードプランでレンタルできるのは着物だけではなく、かんざし、帯、肌着、長襦袢、バッグ、足袋、草履と必要なものを一通りレンタルできます。

また、スタンダードプランの料金の中には着物着付け料金やヘアセット料金も含まれているお得なプランとなっています。

予約をしてから来店すべし

wargoは日本人だけではなく、外国人観光客も沢山利用しているので常に店内が混雑している状況にあり、飛び込みでのお店レンタルは難しい状況となっています。

このため、wargoの着物ファッションレンタルサービスを上手に使いこなすには、予約をしてから来店するようにする事が重要なポイントとなっています。

wargoの公式サイトから利用したい店舗の時間帯を選んで予約する事が可能です。

なお、予約した時間帯より早くお店に到着したとしても基本的には待たされてしまうので5分前くらいにお店に到着するように時間調整すると時間を無駄なく利用できます。

服を借りる流れ

まずは、ウェブホームもしくは電話でレンタルの希望日時を連絡します。

その際にプランや着物・浴衣の種類を選ぶことができます。ウェブで予約をするとクレジットカードでの決済も済ませることができます。

当日の2時間前まで予約を受け付けていて、急に当日思い立ったとしても空きがあればレンタルをすることができます。

予約が完了したら実際に来店し着付けのスタート。それぞれの店舗の着付けスペースで行います。着物は着ると窮屈なイメージですが、締めすぎずゆるすぎず、きちんと帯を締めてくれるため安心です。

所要時間は30分ほどを目安にしてもらうとよいでしょう。

また、髪につけるかんざしを選んでいきます。

それが終わったら写真撮影です。

カメラの持ち込みも可能で、wargoのSNSに掲載していいのであれば撮影料は無料になります。着付けや撮影が終了したら京都観光のスタートです。

服を返却する流れ

京都観光終了後、お店に戻りますが、返却の最終受付時間が各店舗で決まっているので遅れずに戻ることが必要です。

もし当日返却が難しいという場合には翌日の返却になりますのであらかじめ時間帯は確認しておくことが大切です。

また、すでに当日の返却が難しいとわかっている場合は、オプションとして1000円+税を払っておくことも可能です。

別店舗に返却するという場合でも同じ金額で返却が可能となります。もし翌日に返却する場合には15時までと時間が決まっているため遅れないようにしましょう。

正午を過ぎた場合には延滞料金+1000円+税を別途支払うことになります。

着物を返却する際には自分のスケジュールを確認しておくことも大切ですね。また貴重品以外の荷物を店舗に預けている人は返却の際に持ち帰るのを忘れないようにしましょう。